神奈川県でローコスト住宅を建てるためのポイントについて解説しています。

神奈川で注文住宅を建てたい人必見のおすすめ工務店徹底比較
  1. 神奈川県でローコスト住宅を建てるには

神奈川県でローコスト住宅を建てるには?

一般的な注文住宅とローコスト住宅の違い

一般的な注文住宅とローコスト住宅の違い

憧れのマイホームを購入しようとしたとき、皆さんは何を基準に請負業者を決めますか?

一生で最も高い買い物になりますし、家族を守る大切な家。しっかり選んで任せたいという人が多いと思います。最近は昔からある大手のハウスメーカーでの注文住宅だけでなく、ローコストを売りにした注文住宅も注目を集めるなど、業者選びが以前にも増して難しくなっています。今回は両者の違いを費用、機能面、面積の3つの角度からまとめましたので、参考にして自分に合った業者を選びましょう。

費用面における違い

一般的な注文住宅とローコスト住宅で違いが顕著に表れるのが費用面です。

大手ハウスメーカーは多くの人件費や宣伝費をかけて、テレビCMの放映や住宅展示場でイベントなどを行い集客をしています。また建材や建築方法に関しても各社特徴を出すために独自技術の研究も盛んです。もちろん購入するにあたり、それらの研究成果が取り入れられた高機能な住宅が生れることは素晴らしいことです。しかし、その分費用が高くなってしまうデメリットが生じてしまいます。

反対にローコスト住宅では必要のないものを省き、コストを落として建築をします。そのため建材が大手のハウスメーカーに比べて安い材質であったり、最低限の仕様の家になるデメリットがあります。しかし大手ハウスメーカーの住宅の中にはそこまで必要のない物まで付いていることもあります。必要なものを省くのではなく、無駄なものを省いてコストパフォーマンスを向上させることに注力しているローコスト住宅のメーカーも多数存在しています。

機能面における違い

機能面は先程もあげたように、大手は先進技術を取り入れているので、気密性が高く冷暖房効率が高い断熱材や湿気の溜まりにくい建材などを利用することが標準装備になっていることが多々あります。また今後は新築の半数はゼロエネルギー住宅(ZEHゼッチ)へと移行していく指針が国から発表されています。太陽光などの発電装置や省エネ設計など家全体でハイレベルな技術が必要とされる時代になりつつあり、大手はZEH基準を満たした住宅づくりも充実しています。

一方ローコスト住宅でも高断熱のサッシを使用している会社や耐震性に力をいれている会社など、各社で異なったポイントに力を入れています。ローコスト住宅では、すべてを高機能にせずとも、自分のこだわりにポイントを絞り全体の予算を抑えることも可能です。

面積における違い

同じ面積に家を建てた場合、やはり大手ハウスメーカーの方が費用がかさみます。もし予算を抑えるとなると残念ながら床面積を小さくせざるを得ません。

一方ローコスト住宅ではプランやシステムを規格化し仕様が決まっている場合もあり、決められた面積の中で建築する際に、自由度はやや低くなる場合があります。整形地であれば良いのですが、台形の土地など建物をまっすぐに建てることが難しい土地の場合は思ったよりも床面積の狭い家になる可能性もあるので注意が必要です。

神奈川県でローコスト住宅を建てるには

神奈川県でローコスト住宅を建てるには

概ね坪単価20~60万円ほどで建築可能な住宅のことをローコスト住宅と言います。近年は低予算で建築できるハウスメーカーや工務店の種類も増え、以前より選択の幅が拡がってきました。ローコスト住宅の中でもハウスメーカーや工務店による特徴の違いがあり、自然素材など建材にこだわりを持っていたり、ゼロエネルギー住宅に対応している工務店もあります。また、ローコスト住宅でもデザイン性に優れた住宅を提供しているところも増えてきており、低予算でも自分の希望を叶えた家作りが可能になってきています。

家を建てる際の費用について、業者選びでコストを抑えることもできますが、エリアや建坪を工夫することでもローコストでマイホームを手にすることが可能です。

住宅の本体価格以外で、予算を抑えるポイントとして挙げられるのが、土地を安く購入することと、建坪を小さくすることです。

まず、コストを抑えたい人は、できるだけ土地の坪単価が安いエリアを探すのがベストです。川崎市など人気のエリアでは土地の坪単価が安い地区でも70万円以上となっており、かなりの予算が必要になります。神奈川県では川崎エリアだけでなく横浜エリア、湘南エリアなども利便性の良さや人気スポットがあることから、土地の坪単価が高い水準となっています。

本来ならば予算が高くなり、諦めざるを得ないエリアでも、家を建てることができる方法が、ローコスト住宅を扱うハウスメーカーでの建築です。購入予算の大部分を土地の費用が占めてしまう場合でも、ローコスト住宅ならば憧れのエリアにマイホームを建てることも夢ではありません。建坪をコンパクトにすれば、更に価格を抑えることも可能です。

それでも予算がきつい場合は、人気のエリアに隣接している市がおすすめです。人気のエリアから少し外れただけで土地の価格が下がっていることがよくあります。人気のエリアで建てるにはローコスト住宅でも難しそうな場合は、隣接しているエリアまで広げて土地探しをしてみましょう。

また、小田原市などのある県西エリアや湘南エリアの中でも県西に近いエリアは神奈川県の中でも土地の坪単価が安いエリアなので、できるだけコストを抑えてマイホームを建てたい人や低予算で建坪の大きい家を建てたい人は、この辺りの土地を検討してみるのもいいでしょう。ただ都心や商業エリアからは離れているので、通勤や通学にかかるランニングコストによっては、逆に高くついてしまう可能性もあります。ご自身や家族のライフスタイルと照らし合わせて検討するように注意しましょう。

ベストプランニングで施工実例を見る

神奈川で高品質住宅を建てるならおすすめ工務店TOP3

ページのトップへ