注文住宅と建売住宅のメリットとデメリットについて考察しました。

神奈川で注文住宅を建てたい人必見のおすすめ工務店徹底比較
  1. 注文住宅と建売住宅のメリットとデメリット

神奈川で注文住宅を建てるなら注文住宅と建売住宅のメリットとデメリットを比較しよう

注文住宅のメリット・デメリット

注文住宅のメリット・デメリット

まさに自分の城を建てられる、といったイメージの注文住宅ですが、やはり注文住宅ならではの大変さもあります。注文住宅を選ぶなら、そのメリットとデメリットの両方をしっかり把握しておきましょう。

注文住宅のメリット

注文住宅のメリットは、自分の希望どおりにできることです。間取りや工法、設備、内装、外装などの全てを自分の好みで選ぶことができるので「自分の家」という満足感を得られるところが最大のメリットだといえるでしょう。

また、予算に合わせて、こだわるところとそうでないところにメリハリを持たせて作ることができるのもメリットです。

注文住宅のデメリット

では、デメリットは何でしょうか。注文住宅は、見積もりの段階から建売住宅よりもかなり多くの時間を割かなければいけません。確認したり調べたりすることも多く途中でうんざりしてしまう人もいると思います。この時間と労力がかかる点がデメリットだと言えるでしょう。

また、追加費用が発生することもあり、そうなると予算がオーバーしがちなところもデメリットの1つです。予測している予算通りにいかないことも考えて、住宅資金に余裕を持たせて準備しておく必要があります。一般的にも、建売住宅よりは設計に時間がかかったりすることで、総費用が高額になると言われています。

建売住宅のメリット・デメリット

建売住宅のメリット・デメリット

土地と住宅をセットで購入できる建売住宅のメリットとデメリットについても確認しておきましょう。

建売住宅のメリット

購入価格が明示されていて、完成している物件であれば実際に住む家を見学できるのでとてもわかりやすいことがメリットだと言えるでしょう。まだ建築途中の家でも間取りや設備などを確認できるので、注文住宅よりはずっと完成形をイメージしやすいはずです。

また、土地と建物をセットで購入でき、ローンを組むときも注文住宅に比べると手続きが比較的簡単です。借入額は、はじめから決まっていますし、融資のタイミングも一回で済むからです。審査結果が出るまでの期間も比較的短いので、すぐに住む家が欲しい人に向いていますね。

建売住宅のデメリット

次に、建売住宅のデメリットを考えてみましょう。まず、既製品を買うということになりますので、自分が考えるベストな間取りや設備ではないことはよくあります。これが建売住宅の最大のデメリットかもしれません。仮に「車庫の仕様などをより防犯性の高いものにしたい」と希望しても、すでに設備の変更ができない段階だった、あるいはできたとしても、追加費用がかかったということになると建売ならではの固定価格という良さが半減します。

また、改築が難しい物件もあるので、将来はバリアフリーにしたい人や、家族の人数にあわせてその都度改築していきたいと思っている人には不向きかもしれません。キッチンなどの設備も、あらかじめ製品の種類や色まで決まっていることが多く、注文住宅で基本仕様となっているものよりも、安っぽい場合が多々あります。

注文住宅と建売住宅の入居までの期間や流れ

注文住宅と建売住宅の入居までの期間や流れ

注文住宅と建売住宅では、入居するまでの期間に違いがあります。どのくらい違うのかそれぞれの流れを見て確認しておきましょう。

注文住宅の入居までの期間

契約したい業者が決まってから家が完成するまでの期間は、最長で1年程度と考えておきましょう。ただ、家の規模や工法、構造などにより工期は異なります。

注文住宅の入居までの流れ

入居希望時期の1年前までにどういった家を建てたいのかという具体的なイメージを作っておきましょう。次に、業者の選定や住宅ローンの申し込みの検討などと並行して、購入する土地を探し始めます。土地選びを最優先に考えて、希望の土地があったら即購入し、そこから上物に関する手続きを進めていく人もいます。

そして、選んだ土地の敷地調査を行ってもらい、問題がなければ契約へ進みます。設計が終了したら、建築確認申請等の許認可申請を行って、工事が始まります。竣工すると幾つかの検査が行われ、特に問題がなければ家の引き渡しと登記が行われ、入居となります。

建売住宅の入居までの期間

建売住宅を購入してから入居まで、スムーズに進むと1ヶ月弱程度の期間が一般的です。

建売住宅の入居までの流れ

物件を見学してまわり、複数の物件を比較して検討します。購入の申し込みをする時に、申込金を10万円程度支払うことが一般的です。住宅ローンの仮審査を申し込み、購入する物件について重要事項説明を受けて、契約を締結します。このときに売買価格の5%~10%程度の手付金を支払います。この契約と同時に住宅ローンの申込みを行います。

融資が出たら、物件の最終内覧で設備を確認していき、納得してから残りの代金を支払って、物件の移転登記を行い、引き渡し日を経て入居となります。

ベストプランニングで施工実例を見る

神奈川で高品質住宅を建てるならおすすめ工務店TOP3

ページのトップへ