注文住宅の気密性や断熱性、耐久性など、性能や安全について考察しました。

神奈川で注文住宅を建てたい人必見のおすすめ工務店徹底比較
  1. 注文住宅の気密・断熱性や耐震性を考える

注文住宅の気密性や断熱性、耐久性とは?

省エネの基本は断熱・気密と通風・採光

省エネの基本は断熱・気密と通風・採光

性能の高い家とはどんな家でしょうか。高気密・高断熱に加えて風通しと採光の良さを兼ね備えた家は冬暖かく夏涼しく一年を通じて快適に過ごせ、まさに高性能の家と呼べるでしょう。

高性能の家は、例えばこんな工夫で実現されます。

  • 高窓から光を取り入れることで部屋を明るくする
  • 高窓から風を通して部屋中の熱を屋外へ逃がす
  • 屋根と天井の断熱と遮熱
  • 家全体に光が入る間取りにする
  • 風が通りやすい窓の配置にする
  • 断熱と日射取得を考えた窓にする

もうおわかりのように、冬暖かく夏涼しく過ごすためには、家の中に取り入れる太陽の光と熱、風をいかにコントロールするかにかかっているのです。そしてこの自然のエネルギーを効率よく利用することで、昼間は照明を使わずとも明るく、冷暖房の使用を控えても快適に過ごせる「省エネ住宅」にもつながるのです。

パッシブデザインを実現するには?

パッシブデザインを意識した家は、高性能住宅と呼べるでしょう。パッシブデザインとは、自然エネルギーを利用して家中の温度、湿度、明るさを快適にする仕組みです。、地球に負担をかけない家づくりとして、その存在が認知され始めています。

日本の家屋に昔からあった縁側や深い軒、障子やすだれなども、自然の力を利用した工夫という意味では、パッシブデザインと言えるでしょう。地球環境を守るため、いかにエネルギーの使用量を減らすかが課題となっている今、原点に立ち返り、こうした自然エネルギーを効率よく利用する考え方が、主流になってきました。

パッシブデザインを実現するのは、断熱、日射、明るさ、風通しの4要素で、単なるエコ住宅とは一線を画した設計となっています。高断熱・高気密にこだわり「一応断熱材を使用している」という程度の、一般のエコ住宅とは暑さ・寒さの感じ方が格段に違います。そしてパッシブデザインでは、日照計画で昼間の採光を確保しつつも、日射熱を完全に遮断するので、室温の快適さと明るさを同時に保てます。さらに風通しを考慮しているので、湿気対策も万全です。

木造住宅の工法の種類

工法の種類は、大きく分けて2つあります。「軸組工法」と「壁式工法」です。最もベーシックなのは、「軸組工法」の一種である木造軸組工法です。別名で在来工法とも呼ばれ、日本の住宅で古来から使用されてきたものです。今の日本の住宅の8割はこの工法で作られています。

設計の自由度が高く、容易に改築などができる点で優れています。ただ、その頑丈さは職人さんの技術力に依存している点も否めません。建築基準法が厳しくなっている今では、品質にも大差が出ないようになりましたが、数十年前に建てたものは、耐震性に問題があるものもまだ存在すると言われています。

「壁式工法」の代表的な種類はツーバイフォーです。北米の住宅のほとんどがこの工法で作られていて、日本ではその技術が輸入されています。2インチと4インチのサイズの部材で枠を作って、四角い箱を形成し、それを積み重ねることで1階・2階が出来上がっていくという作り方をします。

耐震性能が高く、職人さんの技術力への依存も少ないことから、品質が保ちやすいメリットがありますが、設計の自由度は在来工法のほうが高いです。このほかにも、各社がこれらの工法をもとに独自に作り出した工法が数多く存在しますので、どの工法を選ぶのか、慎重に検討していきましょう。

今注目のベスト・プランニング「へーベルウォール」工法

私が選んだ工務店ベストプランニングの「ベーベルウォール工法」は、人と家に優しい優良な素材を使ったオリジナル工法で、その性能の高さのポイントは何といっても高気密・高断熱、調湿性、そして高耐震・免震にあります。

ヘーベルウォール工法では、屋根と壁それぞれに適した性能の高い断熱材を使い、っています。さらに床には、基礎断熱と床下断熱のダブル仕様にすることで、夏の暑さも冬の寒さも遮断し、快適な室内環境を維持してくれます。その上、業界トップクラスの高気密性能なので冷暖房効率がよく、ロフトや吹き抜けを作った我が家はどこにいても一年中快適です。

高気密であるということは、結露が発生しやすくカビが心配になりますが、ヘーベルウォール工法では、屋根や壁に透湿性に優れた資材を使い、また計画換気で家中に空気の流れを作ることで結露を防ぎいでいるため、家が丈夫で長持ちします。さらに、すべてに4寸角を使用した軸組工法と、スマート免震で地震への備えも万全です。

そして完全な注文住宅なので、採光や風通しを考慮した設計にすることができます。ました。熱効率と風通しがよく、昼間は照明がいらないほど明るい、パッシブデザインの考え方に沿った家づくりができたので、我が家は家族みんなが満足しています。

ベストプランニングで施工実例を見る

神奈川で高品質住宅を建てるならおすすめ工務店TOP3

ページのトップへ